日本の車窓から?
happyyury.exblog.jp

今年も何やらドタバタ日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:旅( 52 )
リゾート
また時間が空いてしまいましたが。。。。
小豆島ではリゾートホテルOlivianに滞在しました。見渡す限りが穏やかな瀬戸内海と綺麗な空。プール、テニスコート、ゴルフ、その他アクティビティも充実してて景色が最高によかった!子供連れの家族が大半で、長期滞在してても全く飽きない感じ。ここお勧めです!!何をしても海が目の前に広がる景色、ハワイのゴルフ場みたい!ということでおとん&相方&私でショート対決(9ホール)。あまりに久々のゴルフは皆たたきまくりで恐ろしい結果でしたが、おとんが嬉しそうだったのが印象的でした。親子で同じスポーツ楽しめるのってオヤジにとってもとても嬉しかったんだとか☆
d0019293_1520847.jpg

[PR]
by yury3585 | 2009-08-04 23:22 |
夏休み - 小豆島
家族で小豆島へ行ってきました。本州、四国から橋やトンネルなどでつながっていないので岡山新港まで出て車ごとフェリーで渡りました。の~んびりした瀬戸内海をみながら約1時間の船の旅。"二十四の瞳"の舞台で、オリーブやそうめん、醤油が有名。

日本三大渓谷といわれる寒霞渓へ行きました。200万年という長い月日が作り出した渓谷、ものすごい深さとこう配で、目の前に瀬戸内海も見える景色は圧巻!紅葉の時期は最高に綺麗なんだとか。寒霞渓の山道では野生のサルがわんさか出てきて、立ち止まるとボスに威嚇されます。。。車ごと襲われそうになり本当に怖かった。そこから一旦ホテルに入り、エンジェルロードへ(写真)。“弁天島”から砂浜で4つの島が繋がっていて、1日2回だけ引き潮の時に砂の道が出来て歩いて渡れるというもの。この日の引き潮は15時半と太陽がまだ高い時間帯だったので夕暮れの綺麗な景色は見られませんでしたが、自然を堪能した1日。小豆島はリゾートに観光にぴったりの土地です。
d0019293_16515526.jpg

[PR]
by yury3585 | 2009-08-03 23:06 |
下田の夏-1st Day
SKに誘われ夏の下田へ出かけました。それぞれの友達や先輩後輩など総勢12名が集うサーフィン+αの会。土曜の集合時間が朝6時下田、イベントというよりもはや合宿。。。そんな体力は残っておらず17時のSurfで合流しました。みな大半がはじめましての人だけど類は友を呼ぶ、性格も遊び方も楽しみ方も、そして海が好きという共通点があればそれで十分。自己紹介なんてしなくても、一緒に波に乗ればそれで仲良くなれるのが不思議なものです。

波乗り後は下賀茂温泉につかり疲れを癒し、お待ちかねのBBQ。地元の海の幸をメインにガッツリ焼き食いの宴。中でもC君お手製のビーフシチューbyダッチオーブンは、どんな老舗の洋食店で食べるシチューより濃厚で柔らかく、私の人生で一番美味しいシチューだった!!アウトドアクッキング、これぞ男の料理、そして美味い!! ガスコンロでも美味しく出来るらしいので、やってみようかな。
d0019293_22173869.jpg

d0019293_2219457.jpg

[PR]
by yury3585 | 2009-07-25 02:21 |
カニカニツアー
3連休は実家に戻りました。普段連休に移動しないのだけど、世の中お休みだと道も空も混雑してました。既に雪が舞う実家では日本海の海の幸とおいしい日本酒がよく似合う。相方に新鮮でおいしい蟹をたらふく食べさせたいと思い、おとんは知り合いの漁師さんにお願いしていたらしいのだが、ここ数日の低気圧で出航できずやきもきしていたのだそうです。息子と飲みたいおとん、純粋でかわいい☆何とか船も出て、水揚げされたばかりの蟹を大量に分けてもらい連日蟹パーティー。地元にいると私自身はそれほど食べたいとは思わないもので(手が汚れるしメンドイ)、この日だけで3年分くらいの蟹を食べた気がします。生きた蟹のおいしい食べ方、相方もマスターできたかな??

d0019293_13394873.jpg

[PR]
by yury3585 | 2008-11-23 00:01 |
再会
翌日は久々の関西とあって、大学時代からの付き合いであるまっちゃん夫妻に会いに奈良へ行ってきました。旦那ちゃまとは卒業以来初かも!!というほどご無沙汰してました。駅まで迎えに来てもらったのだけど、ぜんぜん変っていなーいっ!!あまりに変っていなくて(お互い様らしいが)思わず噴き出し、そして妙にホッとしました(笑)。

日帰りとあって、興福寺や浮見堂近くのとある割烹を予約していてくれました。池と瑞々しい緑と紅葉交じりの木々が見える個室で、おいしい奈良の料理に舌鼓を打ちつつ、ゆっくりまったり話が出来ました。胡麻豆腐や季節お料理、お刺身も絶品。おいしかったなぁ。大学時代と何も変らない根本、でもお互い会話の内容や動きが昔とは少しだけ違って大人になったのかなー、なんて感じつつ、久々の再会と積もる話に花咲きました。次回改めてゆっくりお邪魔することを誓い、本当にありがとう!!また来年会いましょ☆
d0019293_894724.jpg


帰りは再び京都まで戻り、新幹線でane&隊長と再び合流し並びの席で帰りました。結婚式で燃え尽き症候群な3名でしたが、帰りの新幹線でも大いにトークで盛り上がってしまい、寝る間もなく東京に到着。Happy&エネルギッシュな連休でしたね。みなさんお疲れ様でした。そして楽しい時間をありがとう。
[PR]
by yury3585 | 2008-11-02 23:59 |
新婚旅行その2!?
気合不足か年齢によるものかは不明ですが、8時間を越えるフライトがつらくなってきたここ最近。今回も最後はか~なりだるくヨタヨタと帰国。キレイな海、空、空気ですっかりストレスフリーだったとはいえ、乾燥にやられたのか肌が超カッサカサになっていました。大きなお風呂にも入りたかったし、刺身も食べたかったので、そのまま館山のACCIONへ移動し、温泉につかってのんびりすることに。突然予約しても全然空いてるし、平日だけに値段も格安。ビバ平日。ここでも波乗りし、疲れ果てていた筋肉たちは再び喜び叫び、硬くなっていきました。予約が取れないほど満員でJurliqueエステが出来なかったので、ここのバリエステを堪能し、お肌もすべすべ。
d0019293_7505730.jpg


しかし今回の旅で最も驚いたのは、日本人にまったく会わなかったこと。その代わりすれ違うアジア人はみな中国人、インド人、韓国人。サーチャージだけが理由とは思えない、経済格差なのか、はたまた季節的な問題か、ブームが去ったのか、理由は分かりません。
[PR]
by yury3585 | 2008-10-23 23:57 |
We love Seafood!
初日から巨大オージービーフを焼きまくり食べまくり、少々重すぎた我らはすっかりシーフード&アジアンモードに。魚介たっぷりDinnerを何度も食べました。シーフードはやはりもっと下のエリアの方がたくさんあるんだろうけど、ここでもOysterや大きなエビちゃんたちは美味しかった!しかしやっぱりこちらのサイズは想像しているより常に大きい。1人1皿メインを頼むと限界。二人でもガッツリ食べましたが、やっぱりご飯は大勢でワイワイいろいろ食べたいな。

毎日飲んでたXXXXとVBビール、オーストラリアのOysterとFish&Chip、バケツ単位で出てくる茹でエビちゃん
d0019293_23141832.jpg

d0019293_23254536.jpg

d0019293_23143978.jpg

[PR]
by yury3585 | 2008-10-21 23:51 |
るー
遠い目をしながら思い出しつつ続きを記載。。。

波乗り、メインの観光(ステキな島)以外は、気が向くままに散策していました。この日は滞在していたSurfersParadiseからバスに乗って、Currumbin Widlife Sanctuaryへ。ツアーとかでダーッと行ってしまうのと違って、市営バスだとその町の雰囲気や人と触れ合えるのでより楽しく感じて好きです。BroadBeach、MermaidBeach、PalmBeachを通り、の~んびり30分ほどで到着。

放し飼い状態のルーとエミュたちと触れ合い遊べるとあって子供達に大人気。シーズン?なのかお腹の袋に子供を抱えるルーばかり。まーんまるのお目目がクリンとしてて可愛いッ!飛ぶと早いしキックも強いのに、普段はダラ~ン、目も細~く、ボーリボーリと腹をかいてました(爆笑)。完全にやる気なしで日曜日のお父さんみたい(世の中のお父さんすいません、イメージです、イメージ)。"カンガルーってかわいいか??”と謎だった相方ですが、実物を見て触ってかわいさを相当ご理解頂けたようで、これにも大満足。緑に囲まれた公園での~んびりリラックス。
d0019293_1541576.jpg

[PR]
by yury3585 | 2008-10-19 23:49 |
WhiteHeavenBeach
翌日はウィットサンデー諸島、DayDream島、Hamilton島、Long島をめぐり、WhiteHeavenBeachへ向かうセイリングツアーに出かける。写真で見てどーしても行ってみたかったところ。GoldCoastの浜辺でさえ既に真っ白でキレイな砂浜だけど、ここの水の青さと砂の白さは、自然のものとは思えないほど本当に鮮やかでPureな色だった!Beachへおり立ち、ツアー客同士で野球(in海)をしてみたり、お酒を飲んでみたり、写真を撮りまくってみたりとそれぞれが思いのままに過ごす。
d0019293_156012.jpg


その後、澄み切った透明の海でシュノーケリングの予定だったのですが、何とエンジントラブルでポイントへ行けなくなったことが判明。乗客みな一気に沈黙。亀達と泳いで見たかったなぁ。これだけが心残りとなりました(涙)。
[PR]
by yury3585 | 2008-10-17 00:47 |
Airlie Beach
連日海では筋肉痛になると予想し、中3日は観光へ。BrisbaneからJetStarの格安チケット1.5hでProserpineまで飛ぶ。さすが安いだけあって何のサービスもない。ブランケットもヘッドホンも有料、スッチーも二人だけ、徹底しています。そこからジェットセーバー割引というのを使い、手荷物1個/1人にまとめると更に割り引かれるので超お得。

気分的には東京から沖縄へ移動した感じ(気温も高い)。いかにもな島のリゾートホテルも検索してみたけど、の~んびり街を散策したかった私達は、本土のAirlieBeachに滞在することにしました。メインストリートも1本(数百m)しかない小さな町だけど、とっても穏やかで雰囲気もよく、時間の流れがゆっくりに感じました。ここでの滞在はCoral Sea Resort。滞在客もブルジョア系ご夫人やボンド似のイギリス人カップルなど洗練された方々ばかりでこれまたテンションあがる(このボンド似紳士が本当にカッコよかったのよ!)。ここのビーチはヨットやクルーザーが大量に停泊していてセレブの避暑地といった感じ。海の色も鮮やかで、美しい水平線と船の景色が永遠と続くのであります。翌日、ウィットサンデー諸島へのクルージング&ホワイトヘブンビーチへ向かうため、この日は穏やか~な海を眺めつつ乾杯069.gif
d0019293_14581997.jpg

[PR]
by yury3585 | 2008-10-16 00:42 |